FC2ブログ

笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

 

犬は『噛む』ものです。

 
 
 
テンちゃんは松潤になりました。

そう来たか!

さすが「ミクボス」侮れないヤツ!!



ボブままさんがベッキーに似てる似てるとしきりに言っていて、
帰る頃には「もうベッキーにしか見えなくなってきた」と言ってたので、
てっきり「ベキ男」とかになると思ってました。




今回『噛む』ことについて世間様の目が集まっているので、
(と言うか私が集めたとも言う(;^_^A)

この機会に私の『噛む』ことへの想いを伝えます。





犬は『噛む』ものです。




そんなことはいつも動物愛護関連のHPやブログを
ご覧になっている人にとっては当たり前のこと。


もちろん私もそうです。

そんなことにビビっていて保護活動なんてできません。


でも、預かりをしていた頃には気が付かなかったんですが、
自分で里親さんを探すようになって、
どれほど世間一般の『噛む』ことへの意識レベルが低いのかを知りました。


「噛む犬」=「気が荒い」「凶暴」「怖い」


たとえどんな理由があろうとも『噛む』と聞いた時点で
「うちではちょっと無理」となってしまいます。



本当の意味での「噛む犬」とそうではない犬との間には
見えない大きな大きな壁があるんです。

犬のことを知れば知るほどその壁が実際に見えてきます。

でも大多数の人はその壁を見ようとしない。


壁のこちら側にいる犬なら、
一部の特別な人ではなく、誰でもが家庭犬として普通に飼えるんです。

私は『噛む』=「無理」とすぐに扉を閉めてしまう人たちに
そうではないと伝えたい。




うちの子は噛みません。

そう信じているあなたの愛犬が
知らない場所で知らない人に棒を持って追いかけられ
追い詰められた時に「絶対に噛まない」と言いきれますか?

そんな状況で噛んでしまった時に
「この犬は噛みます」と言われて納得できますか?

伝える術がない愛犬の代わりに「違います」と言うのではないですか?




「なんで『噛む』という言葉は一種類しかないんやろ」と思うんですよ。

怒りに満ちた目で敵意むき出しの『噛む』も、
じゃれて『噛む』のも言葉にすると同じなのが嫌なんですよね。


私は犬に落ち度がないのなら安易に『噛む』と言ってやって欲しくありません。


何かの理由があって『噛む』時も
ほんの少しの工夫や努力で解決するのなら
それを確かめてから伝えても遅くないと思っています。


たとえば、足を触られるのを嫌がる犬がたくさんいます。

うちの保護犬たちでも「またこのパターンの犬か」くらいのもんです。


初日に足を触ったら噛もうとしたり、唸ったりした時でも、
緊張が解けて私に慣れてしまえば
同じことをしてもまったく問題がなくなることもあります。

少しやり方を変えたり、ちょっと工夫することで
問題がなくなることもあります。


『噛む』ことを隠すのではなく、しばらく様子を見てから
「最初はこの時に噛んだけど、こうしたらまったく問題はなくなりました。」
と伝えることで、『噛む』=「無理」ではなく、
「それくらいならできるかもしれない」と思ってもらいたい。




『噛む』と言う理由で飼育放棄された犬たちが続々と保健所に持ち込まれます。


飼い主から『噛む』という申告があったら、
その時点で譲渡対象ではなく殺処分になる可能性が高くなります。


でもその『噛む』という理由の中に
飼い主に問題があり、噛ませてしまったこともたくさんあるはずです。

愛情と工夫と努力で防げることがたくさんあるはずなんです。



飼い主のせいで『噛む』というレッテルを貼られ、
殺処分されてしまった犬たちは最後の瞬間まで叫んでいたと思います。

「違う!!!」

「そうじゃない!!!」






犬は『噛む』ものです。





でも、飼い主の努力で防げることがたくさんあります。

見えない壁のこちら側にいる犬ならそれほど難しいことではありません。



悲しいことに壁の向こう側に行ってしまった犬もいます。

そんな犬でも壁のこちら側に帰ってくることもあります。




ホープは壁の向こう側にいました。


私はホープに毎日毎日呼び掛けました。


壁のこっち側には愛してくれる人がいるよ。

こっち側には楽しいことがたくさんあるよ。

そっちを歩いて行くのはしんどいよ。

戻っておいで!



私は犬の専門家でもなんでもありません。

私のやり方が正しいのかどうかもわかりません。


でも、ホープは私の呼び掛けに振り返ってくれました。

そして、壁のこちら側に戻ってきてくれました。



ホープが今後噛まないとは言えません。

それでも壁のこちら側に戻ってきた今、
幸せ探しのゴールは大きく近づいていると感じます。






犬は『噛む』ものです。





でも、少しの努力で防げるなら、努力してやって下さい。


壁の向こう側にいるのならこちら側に呼び戻してやって下さい。


壁の向こう側からなかなか帰ってくることができない時も
諦めずに呼び掛け続けてやって下さい。




犬だけに努力させないでやって下さい。

一緒に乗り越える努力をして下さい。



家族とはそういうもんだと思います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ←←← ポチっと押してやってくださいね。

私とミクボスさんの考えは対極に見えるかもしれませんが、
実はそれほど大きな違いはないんです。

伝えたい対象が違えば、伝える内容も違ってくる。

それがわかっているから
安心してテンちゃんをミクボスさんに託すことができたんです。

100回噛んだら「100回噛んだ」と書かれても
笑顔で「テンテンがんばれー(^-^)」とエールを送るだけです。

この意味をどれほどの人に理解してもらえるかはわからないけど、
テンちゃん…じゃなくて松潤が幸せ探しのゴールを迎えた時に
なんとなくわかったと思ってもらえたら嬉しいです。



Theme : 動物愛護 * Genre : ペット * Category : 動物愛護問題

* Comment : (6) * Trackback : (0) *

管理人のみ閲覧できます * by -

またかよぉ~ * by パピ
まだ言うか・・・・
と、題名を見た瞬間思ってしまったやん。。。(笑

でも、レモさんの想いに強く納得。

現に、保健所に入ってしまえば、どんな理由があろうと、
噛んだ、、、、という不安要素があれば、殺処分、、、やもんね。

保護犬だけでなく、現に今、家庭にいる子にしても、問題行動として
悩んでる飼い主さんもたくさんいると思うから、

レモさんのブログを通して、噛むことに悩んでる人達への
応援メッセージになってくれたら嬉しいなぁ、って思う。

そうそう、、、
うちの病院に入院してた、お世話のたびに私を毎日噛んでくれてた子、
先週1人で、お空へ長い長いお散歩へ行ってしまいました。。。

顔はやめてや、噛むならケツにしてよ!女優は顔が命やねんから!
って言い聞かせてたけど、

当時は生キズが絶えなかった私の腕、今ではもうそのキズ跡も薄れつつある・・・
なんだか寂しいよ・・・

大好きだった飼い主に看とってもらう事もなく、会える事もなく。。。。
彼は、自分は晩年になって棄てられた、、、って感づいていたから、
その寂しさは計り知れなかった。。。寂しさと戦いながらの闘病生活、
私達は少しでも、彼の心の痛みを埋めてあげる事ができたのかなぁ、、、
ってこれからもずっと、私の心に残っていくんやと思うわ・・・

保健所で処分されていく子達も、誰にも届くことはない
いろんな想いを叫びながら苦しみ逝ってる、、、って思うと
悲しい、苦しい、悔しすぎる。。。

レモさん、これからもずっと、そんな子達の代弁者でいてあげてね。




* by えのちゃん
攻撃的になる裏には恐れがあります。
承認されたい欲求があります。

「でもうちの子は怒ると何をしでかすかわからないから。」

怖がっているのはその子の方ですよ。
わかってほしい。それだけですよ。
それなのにこの子さえ変わってくれればって。
だから「そうじゃない。そうじゃない。」って牙をむくんです。

家庭内暴力とダイナミクスはおんなじですね。

☆鍵コメ様 * by レモピ
返事が大変遅くなりました。

私はついつい堅苦しい表現になってしまうんですが、
言いたいことはまさに【それ】なんです。

八百屋と魚屋の比喩は鍵コメではなく、
ぜひともオープンにしてもらいたいです(^^)

☆パピちゃん * by レモピ
保健所で噛み犬のレッテルを貼られたまま殺されていく子の多くは、
ごく普通の犬なんやよね。

飼い主に問題がある場合も多いのに、
誤解されたまま死んでいくなんて哀れ過ぎる。

私はうちの保護犬が幸せになることももちろんやけど、
【保健所の犬は問題犬】とか【成犬から飼うのは難しい】と
思っている人たちにそうではないと伝えたい。

犬と暮らすということは、犬と共に成長すること。
それも犬を飼う大きな楽しみやと思うんやけどなぁ。

☆えのちゃんさん * by レモピ
こんにちは!
ご訪問&コメントありがとうございます。

>家庭内暴力とダイナミクスはおんなじですね。

そうですね。
犬と飼い主の関係って結局は人間社会の縮図のような気がします。

物言えぬ犬は「噛む」ことで何かを伝えようとしている。
それを飼い主さんはしっかり感じとってやってほしいです。

一緒に乗り越えられた時には、大きな喜びが待っているんですから。

Comment-close▲

コメント







管理者にだけ表示を許可

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-07-15 * - [ 編集 ]

またかよぉ~
まだ言うか・・・・
と、題名を見た瞬間思ってしまったやん。。。(笑

でも、レモさんの想いに強く納得。

現に、保健所に入ってしまえば、どんな理由があろうと、
噛んだ、、、、という不安要素があれば、殺処分、、、やもんね。

保護犬だけでなく、現に今、家庭にいる子にしても、問題行動として
悩んでる飼い主さんもたくさんいると思うから、

レモさんのブログを通して、噛むことに悩んでる人達への
応援メッセージになってくれたら嬉しいなぁ、って思う。

そうそう、、、
うちの病院に入院してた、お世話のたびに私を毎日噛んでくれてた子、
先週1人で、お空へ長い長いお散歩へ行ってしまいました。。。

顔はやめてや、噛むならケツにしてよ!女優は顔が命やねんから!
って言い聞かせてたけど、

当時は生キズが絶えなかった私の腕、今ではもうそのキズ跡も薄れつつある・・・
なんだか寂しいよ・・・

大好きだった飼い主に看とってもらう事もなく、会える事もなく。。。。
彼は、自分は晩年になって棄てられた、、、って感づいていたから、
その寂しさは計り知れなかった。。。寂しさと戦いながらの闘病生活、
私達は少しでも、彼の心の痛みを埋めてあげる事ができたのかなぁ、、、
ってこれからもずっと、私の心に残っていくんやと思うわ・・・

保健所で処分されていく子達も、誰にも届くことはない
いろんな想いを叫びながら苦しみ逝ってる、、、って思うと
悲しい、苦しい、悔しすぎる。。。

レモさん、これからもずっと、そんな子達の代弁者でいてあげてね。



2010-07-16 * パピ [ 編集 ]

攻撃的になる裏には恐れがあります。
承認されたい欲求があります。

「でもうちの子は怒ると何をしでかすかわからないから。」

怖がっているのはその子の方ですよ。
わかってほしい。それだけですよ。
それなのにこの子さえ変わってくれればって。
だから「そうじゃない。そうじゃない。」って牙をむくんです。

家庭内暴力とダイナミクスはおんなじですね。
2010-07-17 * えのちゃん [ 編集 ]

☆鍵コメ様
返事が大変遅くなりました。

私はついつい堅苦しい表現になってしまうんですが、
言いたいことはまさに【それ】なんです。

八百屋と魚屋の比喩は鍵コメではなく、
ぜひともオープンにしてもらいたいです(^^)
2010-07-20 * レモピ [ 編集 ]

☆パピちゃん
保健所で噛み犬のレッテルを貼られたまま殺されていく子の多くは、
ごく普通の犬なんやよね。

飼い主に問題がある場合も多いのに、
誤解されたまま死んでいくなんて哀れ過ぎる。

私はうちの保護犬が幸せになることももちろんやけど、
【保健所の犬は問題犬】とか【成犬から飼うのは難しい】と
思っている人たちにそうではないと伝えたい。

犬と暮らすということは、犬と共に成長すること。
それも犬を飼う大きな楽しみやと思うんやけどなぁ。
2010-07-20 * レモピ [ 編集 ]

☆えのちゃんさん
こんにちは!
ご訪問&コメントありがとうございます。

>家庭内暴力とダイナミクスはおんなじですね。

そうですね。
犬と飼い主の関係って結局は人間社会の縮図のような気がします。

物言えぬ犬は「噛む」ことで何かを伝えようとしている。
それを飼い主さんはしっかり感じとってやってほしいです。

一緒に乗り越えられた時には、大きな喜びが待っているんですから。
2010-07-20 * レモピ [ 編集 ]