FC2ブログ

笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

 

いろいろなご意見ありがとうございました。

 
 
 
今回の一件でいろいろなご意見をいただきありがとうございました。

この件について語るのはこれで最後にさせていただきます。



私は最初から自分のしたことが正しいとは思ってはいません。

大切な人たちを傷つけるとわかっていて書きました。

非難されて当然のことと思っています。





原因はいつのまにか保護主が3人になっていたこと。





私は自分が預かりをしていた時に
預かりっ子が卒業した後のことがいつまでも気になっていました。


どんな家庭に行ったのかなぁ。

幸せに暮らしてるかなぁ。

今の様子を見てみたいなぁ。


だから個人保護を始めて預かりさんに協力してもらえるようになった時、
お見合いや正式譲渡には預かりさんの希望があれば同行してもらって、
幸せな様子をその目で見て、安心してもらいたいと思っていました。


実際に今までに何度かそうしてきました。


そんな中で、
いつからか私と預かりさんの里親探しの考え方が違ってきてしまいました。

そして、預かりさん独自の考えでの情報が発信されるようになりました。

そうなるともう事前に止めることはできません。

「マイナスになると思うことは事前に相談してね。」
と言う言葉は、意味を持たなくなりました。


今回、私が何よりも慎重に扱ってほしいと願っていた
「噛む」ことについての記事がブログに載りました。

不特定多数の人の目に触れた後では、
私にはそれに対して自分のブログで発信するしか道はありません。



私が「噛む」という言葉をどうしてそれほどまでに恐れるのか。


動物愛護関係のブログを読まれている方は犬に対して思いやりが深く、
噛むことに対してもさほど大したこととは感じません。

でも世間一般の人の「噛む」ことについての認識は違います。

私はそれを里親探しを通じて痛いほど感じています。

時には保護犬の一生を左右することになります。

だから、
どんなことよりも慎重に判断する必要があると思っています。



今回の騒動は自分の思う通りに動かなくなった預かりさんに対して、
未熟で横暴な保護主が切れて起こした行動と思って下さい。


こんな保護主のためにお二人を深く傷つけてしまったことをお詫びします。



預かりさんには保護犬を返す場所がありますが、
保護主には返す場所はないことは理解していただきたいと思います。




今後、

バロンについては

里親募集を始める前に下がってしまったスタートラインを
正常な位置に戻してスタートさせてやりたいです。

噛むかどうかの判断は今の生活に慣れてからでも遅くないと思っています。



テンちゃんについては

『あえて良いところやできるようになったことは書かない』やり方ではなく、
良いところは良いと言ってやりたいし、
できるようになったことは褒めてやりたいです。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ←←← ポチっと押してやってくださいね。

今回のことで、
どうしてほとんどの保護主さんが
預かりさんを同行されないのかがようやくわかりました。

私の未熟さや認識の甘さが引き起こした結果です。

それぞれが保護犬のことを一番愛し、
一番幸せを願っていると思っての行動です。

それがわかっていてこのような結果にしてしまったことは
すべて私の責任です。



Theme : 里親探し * Genre : ペット * Category : 動物愛護問題

* Comment : (26) * Trackback : (0) *

* by サッチー
保護主さんは独自の思想を持って動物愛護を行っていて、預かり主はそれに服従すべき義務がある。

いわば独裁者の立場ですね。

自分の思い通りに動かなくなった場合公の場にて叱責されることもありうる。

動物愛護の世界も恐いんですね。

犬が噛むことより人間の思い込みの恐さを今回の件で感じました。

いつか自分も預かりさんに参加したいと思っていましたが諦めました。

がんばれ~ * by kana
わたしは独裁者とは思いません。
こちらを訪れていて、おそらくレモピさんと預かりさんの間でなんどか意思疎通のやりとりがあったことも記事をよめばわかります。
その上で、結果としてこうなってしまったということではないでしょうか。

ボランティアというのは気持ちがあって行うものですから、その方の考えが優先されるべきだと思います。
お金をいただいてやっていることとは違いますから。

保護主さんというのは、いろんな意味で一番きをつかい
リスクも、労力もおっていると思います。
ちなみにその保護主さんの気持ちとや預かりさんの気持ちどちらが正しい・悪いということとは違います。
自分の責任において保護している方が保護主となるのです。

そういう意味で当然、預かりさんにご自分の意思を伝えてお願いするのは当たり前だと思いますし、預かりさんも保護主さんから犬を預かる立場ならば、保護主さんの気持ちに沿う形であるのが当たり前だと思います。

保護される方の考えは様々だと
動物愛護の方のブログを読んでいても思います。
ですから預かりをされる方はご自分に近い考えの保護主さんのもとで預かりをされるか
さもなくば、ご自分が保護主になればよいのではないでしょうか。

少なくとも、保護主さんのもとで預かりをするということは
その方の気持ちに賛同するからこそ・・ですよね

動物を保護する人、団体はたくさんあります。
預かりをするかた、支援をするかたは選択することができるのです

管理人のみ閲覧できます * by -

思うようにされて良いと思います * by さとも
こんにちは。

数日の経緯を拝見していて、部外者ですが、心が痛みます。
皆さん、良い方なのは各々のブログを拝見していても伝わります。
そんな中でレモピさんが苦言を呈されたのは苦しい選択だっただろうなと思います。

でも、すべてにおいて最終責任を取るレモピさんがこうしようと思われたのですから、回りの第三者はそれに納得するしかないと思います。
それは独裁者とは思いません。
レモピさんが保護犬すべての責任を負う立場だから、当然だと思っています。

我が家の老犬が落ち着いたら、私もいずれお役に立ちたいなと思っています。
今の時期は人間も、ワンズも体調を崩しやすい時期です。
ご自愛なさって、頑張ってくださいね。


預かりをしています(両親が) * by dinoちゃん
実家の両親がレモピさんの保護犬の預かりをしています

今回のことで改めて気を引き締めないとと思いました

レモピさんが保護する対象の子に目を留めレスキューされて、ケアされてからの状態で預かりをしている訳です
状況が良くなってからのルルちゃんしか私達は知りません

いくらレスキュー直後の写真がブログにアップされていてもそこには悪臭や手触りは想像は出来ても体験はしていません

キレイになったルルちゃんしか知りませんでした
改めてそこまでの状態にケアされてる保護主さんの事を考え
幸せになってもらえるお手伝いを出来ればと思います

両親宅に笑顔をもたらしてくれている存在に感謝しています

いろいろあったんんですね * by mie
こんにちは。
本当にいろんなことがあったんですね・・・。
やっぱりレモピさんは大人なんだと思います。
お考えがとても深い。そして、この問題は難しいです。
でも、レモピさんがいつもおっしゃっているように、
立ち止まっている暇はないんですよね、犬のために。
私も私ができることを目指してがんばります。
一緒に(というと生意気ですが)苦しむペットがいなくなるようにやっていきましょうね!!

敬意があれば・・・ * by キットソン
こんにちは。

私も、独裁者とは思いません!

今回のことで、たとえ自分のブログであっても、里親さんを探すことがゴールなのですから、ブログ内でも預かりさんは、ワンちゃんにたいしてもっと敬意を払うべきだと思いました。

おもしろいと思って書いているのかもしれませんが、(自分の飼い犬なら「おもしろい」で済みますけど)、預かりをしているワンちゃんをからかっているような、けなすような内容の表現があるなぁといつも気になっていました。

本当に里親さんを必要としているワンちゃんにたいしての、敬意が感じられませんでした。

レモピさんは、何も間違っていないと思います。

レモピさんのお願いを無視したブログによって、幸せのゴールから遠のいてしまっている状況は、とても残念だと思います。

レモピさんのことこれからもずっと応援しています。



* by ふーこ
今回の件でレモピさんがした事は正しいとは言えないかもしれません。
でも、保護犬達の立場になって考えてみると、きっと保護主さんであるレモピさんがした事の答えが出てくると思います。

保護犬達は「話せません」。

ましてや、捨てられたり、飼い主自身に保健所へ連れて来られたりした悲しい思い出を持っている子達です。
飼い主さんから愛されずに育った子もいるでしょうし、虐待などされていた子もいるでしょう。
恐怖や怒り、悲しみに任せて威嚇する事もあるかもしれません。
それが「自分の身を守るため」だから。

その恐怖や怒り、悲しみをを取り払って、その子が楽しく安心して生活出来る場所を探してあげるのが保護主さんで、そのお手伝いをするのが預かりさんだと思っています。

今回の件で預かりさんのお二方も、レモピさんも、双方悲しい、辛い思いをされたと思います。
しかし、そこはよく話し合いをすれば自然にわだかまりが解けると思います。保護犬を救いたいという気持ちは一緒だと思いますので・・・。

ただ、今第一に考えるべきなのは、保護犬達がいかにして幸せを掴むかだという事を忘れないであげてください。
レモピさんはその気持ちが有るからこそ、ブログに書かれたのだと思います。

大した事もしてないのにえらそうな事を書いて気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ないです。

追伸:桜はとても元気です。

軌道修正頑張ってください! * by ラム
>預かりさんには保護犬を返す場所がありますが、
保護主には返す場所はないことは理解していただきたいと思います。

その通りですね。
たぶん、「そうしたのは貴女です」とむちゃを書いてくる方もいるかもしれませんが、そのくらい保護犬への『責任』と『命を守る覚悟』の重さ(意識)が違うのですよね。


私の友人も個人で保健所から子犬6匹引き出しの保護をしました。 当初ギリ数の3匹引き出すつもりでいましたが、賛同した協力者が現れ、自分が抱えれる頭数の倍になりました。
しかし、友人が不信感を持つ出来事が起こり、1ヶ月もしない内に3匹が返って来て(返してもらった)6匹の世話や里親探しをすることに。
3ヶ月の子犬が6匹。皮膚の状態が酷くそれはもう毎日が大変でした。

それがなに?になってしまいますが、友人の一件を思い出したので書いてみたくなりました。^^;

私は預かりさんのブログを今回の一件で初めて拝見しました。
余計な心配が尽きないレモピさんのお気持ちを考えると頭が下がります。血圧上がりますから蔑む記事、事後に拝見してよかったです。(苦笑)


迷子探しに協力できないか・・とネット中に、レモピさんのブログに辿り着き、以来、時々お邪魔をしていました。権現堂の権ちゃん保護の時です。
遠方なためレモピさんの活動に協力できないのがとても残念ですが、できることがあれば(転載など)バンバンします!!~o(*^◇^*)o~  微力ですが陰ながら応援しています。



* by よんママ
今回の件、残念でなりません。
レモピさんのお考えは、良く分かり賛同もできます。

でも、やっぱり、別の方法があったのでは?と言う思いが拭えない私です。
鍵コメでも書きましたが、預かりさん達との問題をクリアーにしてからブログにアップでも良かったのでは。。。

ブログで、個人を特定できる事を書く時(特にいいことではない時)は、もっと配慮が必要だと思います。

フリマでお会いした預かりさんのステキな笑顔を知ってるだけに残念です。

* by とおりすがり
預かりさんの心の傷を思うと、こちらまで胸が痛くなります。

心に余裕がないのは、レモピさんの方だと感じたのは私だけでしょうか…?

* by -
レモピさんの今回の行動が正しいか否かは、
それぞれの意見があって当然だと思います。

私が今回の事で引っかかっているのは、
問題となった預かりさん2人が同列に扱われていることです。

2人のブログは常にチェックしていましたが、
テンちゃんは噛み犬だと認識してしまいましたし、
一方、バロン君が噛み犬だとは全く思いませんでした。

テンちゃんのブログは、希望者が減るんじゃないか、
という内容がいつも載っていましたから、
今回の件は仕方がないと思うのですが、
バロン君のブログに関しては、レモピさんの方がやりすぎだと思いました。(ブログで晒す必要がない、という意味)

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 別の通りすがり
何度も遣り取りを交わされた後の公表だと双方で読み取れました。
レモピさん 保護犬を幸せに導いてくださいね!

同じ保護主として。 * by かあたん。
こんにちはv-221
なんと! こちらへは初コメですね。
先日からの記事を拝見して レモピさんの文才と深く細やかな考え、そして保護犬達への気配りと愛情の深さに さっすがv-218と歓声をあげています。
同じ個人で保護活動をする者として 尊敬できるお一人となりました。

ただ どうしても ん?と心のひっかかりが拭えないこともあります。
それぞれが自分の思い、考えをもって保護活動をしているんやから レモピさんと私の考え、活動の仕方が違ってあたりまえv-221、でも目指すところは同じv-221という基本的考えのもとで 長くなるけど読んでね。

今回の記事を書くにあたり お二人の預かりさんには内容の了解を得られましたか?
今回 初めてお二人の預かりさんのブログを拝見したけど タイプこそ違えど 愛情伝わるブログを書かれてます。

>預かりさんには保護犬を返す場所がありますが、
保護主には返す場所はないことは理解していただきたい。

うんうん。確かにそうですよね。でも それは覚悟のうえで 自分の意思で保護活動をしています。
もちろん 不安になったり 迷ったりすることも多いけどねv-356
それに 協力いただける預かりさんがいてくれるから 私達の保護活動が成り立ってます。
保護犬のことはもちろん 預かりさんも大切です。
お二人を傷つけるとわかっていたなら・・・私なら他の方法を探します。
レモピさんなりに一生懸命考え 苦しみ このような形をとられたんだと理解しますが それ以上に預かりさんお二人のお気持ちを想像すると 胸がしめつけられます。

私は 保護犬のお見合いには 必ずと言っていいほどの確率で 預かりさんに同行してもらっています。
毎日一緒に暮らす預かりさんのほうが 希望者さんの質問にも的確にお返事いただけるし 預かりさんと私、二人の目で希望者さんとわんこの様子、表情を見れるし 今まで一生懸命世話をして 愛して下さったわんこの新しいお家 ご家族を見届けたいだろうという三つの理由からです。
また 私は 預かりブログには わんこのいいところはもちろん 噛みや吠え、トイレの失敗などマイナスなことでも 日常の様子として 書いていただいてOKです。
ただ 基本的に 誤解のないように ○○みたい、○○のようだ、ではなく まずは ご自分の見たことだけを・・・その後に預かりさんの想像や思い、考えを書く形式をとって下さいとお願いしています。
これから長い年月をともに暮らすのだから 全てを受け入れて迎えていただきたいです。
以前 噛んだことがある・・・抵抗のある方は問い合わせもして来ないだろうし それでいいと思ってます。

お二人とも レモピさんの保護犬に対する姿勢に感銘を受けて 協力いただけた、善き理解者だったと思います。
まだまだ 力不足で問題山積みの私が言える言葉じゃないけど 犬だけでなく 人の心も大切にできる保護活動を目指したいです。
レモピさぁん また 美味しいもん食べに行こうよ~v-376
そんでもって いっぱいお喋りしよ~v-341

* by ぴこん
いつも楽しく拝見しています
今3人さまとも、とても辛い思いされていると思います
私には出来ない素晴らしい活動されて頭が下がります

失敗もあると思います
人間なんだもん

もう十分辛い想いをされた
今はそっとしてさしあげましょうよ

批判や自分の意見は、落ち着いてからでいいんじゃない

元気になられたらまたわんちゃんの為に頑張っていただきたい
私は、同じ人間として3人の皆さまに敬意をはらいます

全員が同じ意見なわけないよ * by パピ
預かりを同行させない保護主さんや団体さん、確かにいるよね。

私の初代預かりっ子は、一応、団体と名をあげてる方から預かってたんだけど、
里親さんの情報は一切、教えてくれなかったよ。

その後、今もお手伝いをしている団体さんは、すべてオープン。
ある時は、お見合いやお人柄、飼育環境などの判断も、任せてくれて嬉しかったりする。
そのかわり、責任重大よね。

以前の預かりっ子の時も、レモさんの預かりっ子も、いつも私が気をつけているのは、

私の意見、感想は言う。

これは誰が聞いてもおかしいでしょ、
てな事をもし要望されたら、喧嘩もするかもしれない。

でも基本、瞬間的に腹がたつことはあっても、保護主には逆らわない。

最終的、すべての責任を背負っている保護主と預かりの立場は
果てしなく違うから。。。


1匹の保護犬を巡って目指すゴールは一緒でも、その過程が全て、

保護主さんと預かりさんとの間で、意見が全く同じで進んでいく、なんてこと、あるわけない。


いつの時もスムーズな状態が続くわけがない事を前提にしながら、
協力し合うと助かる命があるなら協力し合えばいいし、したくなければしなければいいだけのこと。

私が今もお手伝いしている団体さん、いろいろ言われてるけど、
私も何度か、意見がぶつかった事もある。

でも、以前のご恩があることや、ネット上だけでは表れてこない優しい人柄やいいところを
リアルで知っているから、私は何を言われようが協力し続けていこうという思いはかわらない。

今、レモさんと預かりさん達がどんな関係になってるかわからないんやけど、
今はこんな状況かもしれないけど、レモさんの人柄を知っている人達だから、

レモさんも、お2方の素敵なお人柄を十分に知ってるはずだから、
互いにまた協力し合って共に、救っていける日が来たらいいなぁ、って思ってる。

あと、動物愛護ブログの中で、こういう事が起こるといつもそうやなぁ、と感じてるんやけど、

何もやらない人に限って、人を責めるような立派な意見を言うのよね。
じゃ、あなたが、レモピ学園と同じだけの子を保護してみてよ、って思うんやわ。

保護主にしかわからない苦労、預かりさんにしかわからない想い、ってあるんやから。

レモさんとこや、預かりさんのところへも、たくさんのメッセージが届いていると思うんやけど、

非難、責めるようなメッセージによって、皆さんの士気が下がる事を私はいつも一番恐れてる。

それによって、本来、助かるはずだった1匹が、助からない場合だってあり得るんやもん・・・

保護活動は、精神的にも強さを保ってないと出来ません。

その気持ちを折れるようなことだけはしないでほしいと、切にお願いします。


静かに見守ってるから、3人で、納得いくまでぶつかってみて。。。

ごめんなさい * by サッチー
何もやらないのに非難してごめんなさい。

私は最近犬を飼いはじめたばかりです。里親制度があるなんて知りませんでした。ましてや保健所からレスキューしてる人がいるなんて…

なので保護主さんや預かりさんのブログを読んで犬が愛されて変わっていく姿に感動していました。
でも里親のブログはそんな読者が多いのではないでしょうか?何も知らなかったしまだ何もしてないけどいつかは里親になってみたいとか何かしらお手伝いできたらと考えるようになる、そのために保護主さんや預かりさんはブログにして伝えてくれていると思っていました。
だから悲しかったんです。どんな正当な理由があったにせよ協力関係にある人を何故なざしでブログ上で非難するのか意図がわからなかったからです。
個人間で解決できなかったとしてもブログは公共のそれこそ何もわからない人が多数読んでる場所ですから。

ただこれから里親になってみたいと思っていた立場から言わせてもらえるなら預かりさんの包み隠しのないブログの内容は自分の家にワンちゃんがきた時をイメージしやすいし噛むことも書いてあったほうが良いかなと思いました。

* by 見守り隊
大変なのは預かりさん、保護主さん本人達。
沢山の命を預かって責任を背負ってるんだから、疲れてて当たり前っ

それなのに、何もしてない部外者が、非難したり、意見したり…。必要ないんじゃないかなぁ…。

じゃあ、あなた達には何が出来るの?
そんなに完璧な人間なの?
って聞いてみたい。

何より、今辛い立場にあるワンコやニャンコを救い出す事。←ほんとはこの言葉を使うのも上から目線の様で妥当ではないと思うんですが…。

ワンコやニャンコ達が、安心して普通の幸せを感じられる社会を作って行くようにするのが、私達のする事じゃないの。
だから、レモぴさんも、立ち止まってないんです。

何もしない人間より、よっぽど素敵じゃないですか。もちろん預かりさんだって…。

何故そんな人達に、労ってこそすれ、誹謗中傷出来るのか解らないです。

お三方が、これからも力強い保護活動が出来るよう、応援するのがブログを読んでる人間の出来る事なんじゃないでしょうか…?

* by はじめてコメントします
・何もやらない人に限って人を責めるような立派なことを言う。

・何もしてない部外者が非難したり意見したり…必要ないんじゃないかなぁ


そんなに目くじらたてるほど非難しているコメントは、殆どないのではないでしょうか。

ブログやHPで不特定多数の人に発信するということは
賛成の意見も反対の意見もくるのは当然のこと。


感情に流された誹謗中傷は良くないと思いますが
ここにコメントされている方は、
ほぼ良識ある表現をされていると思いますよ。

ご自分たちの意見に沿わない意見は、書いてはいけない、と読み取れますが。


何もしない人は、意見も言ってはいけないのでしょうか。
何かしている方は、何をしてもゆるされるのでしょうか。

* by 見守り隊
私が言いたいのは、目的はワンコやニャンコを救い出す事だって事です。
その為のブログであって、意見をコメントするのは、ある意味不必要な事なんじゃないでしょうか?
ワンコ達の生涯一緒に暮らしてくれる里親さんを探す為の一つの手段だと…。

そして、どなたかが書かれてましたが、私も恐いのが、そのコメントでボランティアの方々のテンションを下げてしまう事…。
その為に助かるかもしれなかったワンコ達が、助からなくなってしまうかもしれない事…。

それだけです…。

もしかしたら、一つのコメントが一つの命を落としてしまうかもしれないのを覚悟の上でコメントされてますでしょうか? オーバーかもしれませんが…。

今回に限らず、どの預かりさんも保護主さんもボランティアなんです。
会社で給料貰ってやってるのなら、意見されても致し方ないかも知れない…。
でも、ボランティアさん達は皆さん、ワンコ達を助けたいだけの一心で活動されてるのですから…。
ですから、軸がズレてませんか?って言いたかったんです。
非難するのはボランティアさんのブログではなく…御上のやり方ではないでしょうか?
って思うんです。

あと、皆さんおっしゃられてますが、言葉とは難しいもので、同じ言葉でもAさんにとっては何でもない言葉でも、Bさんにとってはとてつもなく傷ついてしまう言葉かも知れないですよ。 今回の件でも、読んでる側からしたら大したこと無い文章でも、ご本人様からしたら、活動を止めたくなってしまうかもしれない文章かも知れないって事です…。
他人の心中なんて解らないですよね?
良かれと思ってやっても結果悪く出る事もあります。

ワンコ達の命を大切に、普通の幸せな犬生を送れるように、 願うばかりです…。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by -
まさに動物愛誤ですね

* by Sette
保護主さんと預かりさんの考え方が違ったというだけで、幸せな子を増やしたい♪という思いが同じことは伝わってきます。どなたが悪かったとも思いません。
確かに”噛”の文字はありますし、レモピさんの心配する気持ちもわかるような気がします。私は、預かりさんのどちらのブログを見ても噛み犬とは思いませんでしたけれど。起こったことは起こったこと、あまり気にせず、これからどのように保護犬達が変化していくのかを詳しく書かれていかれる方が保護犬にとっては大事だし、後になったら、「こんなことあったけど、変わったよねぇ~♪」って笑える時が来ると思いますし。
私を含めた”何もしない部外者”がコメントしないほうが良いというような意見もあるようですが、それならば、ブログに載せて部外者の目に触れさせるのではなく、部内者の皆さんが内々で処理なさった方が良かったのでは、と思います。
いろいろな方がいらっしゃるので、いや~なコメントが来て、ボランティアさんが嫌な思いをして欲しくはないけれど、逆に、こういうことを見るのは、第三者にとってもあまり気分がいいものではないということもご理解くださいね。

* by レオン
こんばんは♪
ひさびさに見に来てビックリしました。

私がファンである ミクボクさんとリンクしてあったから。すごく嬉しいです。
それと バロン君のお話。私は、預かりも保護もしていません。いつか環境が整えばしたいという気持ちを持っています。
そういう意味でもblogを読ませていただいています。
お互いわんこを大切に思っていても 考えが違ったり、誤解などあると思います。難しいと思いますが、そっと応援させてくださいね。

うちの飼い犬も「噛む」子です。今、二歳でだいぶ癖もわかるし危険な時もわかるようになりました。犬目線で考えたりして行動してだいぶ噛まれなくなりました。
正直噛まれると痛いし、情けないし辛いときもありますが、理解していきたいなと思います。

誰かを噛まないように、吠えないように気を使います。「噛む」というのは理解、対処できれば大丈夫だと思います。

ただ、噛むレッテルをはられたら、構えたり嫌がられたり、、。悲しいけどそういう方が多いですよね。

グダクダになってしまいましたが、、。応援しています!バロン君にもきっと明るい未来が待っているということが伝えたいです。

* by -
超超超偉~い保護主様の意に沿わないことをするとブログで糾弾されてしまうんですね…実際面倒を見ているのは預かりさんなのに、可哀相。なによりあなたに保護されたわんちゃんが可哀相。
そこまで文句言うなら自分で面倒見れば?
あなたのやってる事は愛護じゃなくて愛誤です。

Comment-close▲

コメント







管理者にだけ表示を許可

保護主さんは独自の思想を持って動物愛護を行っていて、預かり主はそれに服従すべき義務がある。

いわば独裁者の立場ですね。

自分の思い通りに動かなくなった場合公の場にて叱責されることもありうる。

動物愛護の世界も恐いんですね。

犬が噛むことより人間の思い込みの恐さを今回の件で感じました。

いつか自分も預かりさんに参加したいと思っていましたが諦めました。
2010-07-11 * サッチー [ 編集 ]

がんばれ~
わたしは独裁者とは思いません。
こちらを訪れていて、おそらくレモピさんと預かりさんの間でなんどか意思疎通のやりとりがあったことも記事をよめばわかります。
その上で、結果としてこうなってしまったということではないでしょうか。

ボランティアというのは気持ちがあって行うものですから、その方の考えが優先されるべきだと思います。
お金をいただいてやっていることとは違いますから。

保護主さんというのは、いろんな意味で一番きをつかい
リスクも、労力もおっていると思います。
ちなみにその保護主さんの気持ちとや預かりさんの気持ちどちらが正しい・悪いということとは違います。
自分の責任において保護している方が保護主となるのです。

そういう意味で当然、預かりさんにご自分の意思を伝えてお願いするのは当たり前だと思いますし、預かりさんも保護主さんから犬を預かる立場ならば、保護主さんの気持ちに沿う形であるのが当たり前だと思います。

保護される方の考えは様々だと
動物愛護の方のブログを読んでいても思います。
ですから預かりをされる方はご自分に近い考えの保護主さんのもとで預かりをされるか
さもなくば、ご自分が保護主になればよいのではないでしょうか。

少なくとも、保護主さんのもとで預かりをするということは
その方の気持ちに賛同するからこそ・・ですよね

動物を保護する人、団体はたくさんあります。
預かりをするかた、支援をするかたは選択することができるのです
2010-07-11 * kana [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-07-11 * - [ 編集 ]

思うようにされて良いと思います
こんにちは。

数日の経緯を拝見していて、部外者ですが、心が痛みます。
皆さん、良い方なのは各々のブログを拝見していても伝わります。
そんな中でレモピさんが苦言を呈されたのは苦しい選択だっただろうなと思います。

でも、すべてにおいて最終責任を取るレモピさんがこうしようと思われたのですから、回りの第三者はそれに納得するしかないと思います。
それは独裁者とは思いません。
レモピさんが保護犬すべての責任を負う立場だから、当然だと思っています。

我が家の老犬が落ち着いたら、私もいずれお役に立ちたいなと思っています。
今の時期は人間も、ワンズも体調を崩しやすい時期です。
ご自愛なさって、頑張ってくださいね。

2010-07-11 * さとも [ 編集 ]

預かりをしています(両親が)
実家の両親がレモピさんの保護犬の預かりをしています

今回のことで改めて気を引き締めないとと思いました

レモピさんが保護する対象の子に目を留めレスキューされて、ケアされてからの状態で預かりをしている訳です
状況が良くなってからのルルちゃんしか私達は知りません

いくらレスキュー直後の写真がブログにアップされていてもそこには悪臭や手触りは想像は出来ても体験はしていません

キレイになったルルちゃんしか知りませんでした
改めてそこまでの状態にケアされてる保護主さんの事を考え
幸せになってもらえるお手伝いを出来ればと思います

両親宅に笑顔をもたらしてくれている存在に感謝しています
2010-07-11 * dinoちゃん [ 編集 ]

いろいろあったんんですね
こんにちは。
本当にいろんなことがあったんですね・・・。
やっぱりレモピさんは大人なんだと思います。
お考えがとても深い。そして、この問題は難しいです。
でも、レモピさんがいつもおっしゃっているように、
立ち止まっている暇はないんですよね、犬のために。
私も私ができることを目指してがんばります。
一緒に(というと生意気ですが)苦しむペットがいなくなるようにやっていきましょうね!!
2010-07-11 * mie [ 編集 ]

敬意があれば・・・
こんにちは。

私も、独裁者とは思いません!

今回のことで、たとえ自分のブログであっても、里親さんを探すことがゴールなのですから、ブログ内でも預かりさんは、ワンちゃんにたいしてもっと敬意を払うべきだと思いました。

おもしろいと思って書いているのかもしれませんが、(自分の飼い犬なら「おもしろい」で済みますけど)、預かりをしているワンちゃんをからかっているような、けなすような内容の表現があるなぁといつも気になっていました。

本当に里親さんを必要としているワンちゃんにたいしての、敬意が感じられませんでした。

レモピさんは、何も間違っていないと思います。

レモピさんのお願いを無視したブログによって、幸せのゴールから遠のいてしまっている状況は、とても残念だと思います。

レモピさんのことこれからもずっと応援しています。


2010-07-11 * キットソン [ 編集 ]

今回の件でレモピさんがした事は正しいとは言えないかもしれません。
でも、保護犬達の立場になって考えてみると、きっと保護主さんであるレモピさんがした事の答えが出てくると思います。

保護犬達は「話せません」。

ましてや、捨てられたり、飼い主自身に保健所へ連れて来られたりした悲しい思い出を持っている子達です。
飼い主さんから愛されずに育った子もいるでしょうし、虐待などされていた子もいるでしょう。
恐怖や怒り、悲しみに任せて威嚇する事もあるかもしれません。
それが「自分の身を守るため」だから。

その恐怖や怒り、悲しみをを取り払って、その子が楽しく安心して生活出来る場所を探してあげるのが保護主さんで、そのお手伝いをするのが預かりさんだと思っています。

今回の件で預かりさんのお二方も、レモピさんも、双方悲しい、辛い思いをされたと思います。
しかし、そこはよく話し合いをすれば自然にわだかまりが解けると思います。保護犬を救いたいという気持ちは一緒だと思いますので・・・。

ただ、今第一に考えるべきなのは、保護犬達がいかにして幸せを掴むかだという事を忘れないであげてください。
レモピさんはその気持ちが有るからこそ、ブログに書かれたのだと思います。

大した事もしてないのにえらそうな事を書いて気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ないです。

追伸:桜はとても元気です。
2010-07-11 * ふーこ [ 編集 ]

軌道修正頑張ってください!
>預かりさんには保護犬を返す場所がありますが、
保護主には返す場所はないことは理解していただきたいと思います。

その通りですね。
たぶん、「そうしたのは貴女です」とむちゃを書いてくる方もいるかもしれませんが、そのくらい保護犬への『責任』と『命を守る覚悟』の重さ(意識)が違うのですよね。


私の友人も個人で保健所から子犬6匹引き出しの保護をしました。 当初ギリ数の3匹引き出すつもりでいましたが、賛同した協力者が現れ、自分が抱えれる頭数の倍になりました。
しかし、友人が不信感を持つ出来事が起こり、1ヶ月もしない内に3匹が返って来て(返してもらった)6匹の世話や里親探しをすることに。
3ヶ月の子犬が6匹。皮膚の状態が酷くそれはもう毎日が大変でした。

それがなに?になってしまいますが、友人の一件を思い出したので書いてみたくなりました。^^;

私は預かりさんのブログを今回の一件で初めて拝見しました。
余計な心配が尽きないレモピさんのお気持ちを考えると頭が下がります。血圧上がりますから蔑む記事、事後に拝見してよかったです。(苦笑)


迷子探しに協力できないか・・とネット中に、レモピさんのブログに辿り着き、以来、時々お邪魔をしていました。権現堂の権ちゃん保護の時です。
遠方なためレモピさんの活動に協力できないのがとても残念ですが、できることがあれば(転載など)バンバンします!!~o(*^◇^*)o~  微力ですが陰ながら応援しています。


2010-07-11 * ラム [ 編集 ]

今回の件、残念でなりません。
レモピさんのお考えは、良く分かり賛同もできます。

でも、やっぱり、別の方法があったのでは?と言う思いが拭えない私です。
鍵コメでも書きましたが、預かりさん達との問題をクリアーにしてからブログにアップでも良かったのでは。。。

ブログで、個人を特定できる事を書く時(特にいいことではない時)は、もっと配慮が必要だと思います。

フリマでお会いした預かりさんのステキな笑顔を知ってるだけに残念です。
2010-07-11 * よんママ [ 編集 ]

預かりさんの心の傷を思うと、こちらまで胸が痛くなります。

心に余裕がないのは、レモピさんの方だと感じたのは私だけでしょうか…?
2010-07-11 * とおりすがり [ 編集 ]

レモピさんの今回の行動が正しいか否かは、
それぞれの意見があって当然だと思います。

私が今回の事で引っかかっているのは、
問題となった預かりさん2人が同列に扱われていることです。

2人のブログは常にチェックしていましたが、
テンちゃんは噛み犬だと認識してしまいましたし、
一方、バロン君が噛み犬だとは全く思いませんでした。

テンちゃんのブログは、希望者が減るんじゃないか、
という内容がいつも載っていましたから、
今回の件は仕方がないと思うのですが、
バロン君のブログに関しては、レモピさんの方がやりすぎだと思いました。(ブログで晒す必要がない、という意味)
2010-07-11 * - [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-07-11 * - [ 編集 ]

何度も遣り取りを交わされた後の公表だと双方で読み取れました。
レモピさん 保護犬を幸せに導いてくださいね!
2010-07-11 * 別の通りすがり [ 編集 ]

同じ保護主として。
こんにちはv-221
なんと! こちらへは初コメですね。
先日からの記事を拝見して レモピさんの文才と深く細やかな考え、そして保護犬達への気配りと愛情の深さに さっすがv-218と歓声をあげています。
同じ個人で保護活動をする者として 尊敬できるお一人となりました。

ただ どうしても ん?と心のひっかかりが拭えないこともあります。
それぞれが自分の思い、考えをもって保護活動をしているんやから レモピさんと私の考え、活動の仕方が違ってあたりまえv-221、でも目指すところは同じv-221という基本的考えのもとで 長くなるけど読んでね。

今回の記事を書くにあたり お二人の預かりさんには内容の了解を得られましたか?
今回 初めてお二人の預かりさんのブログを拝見したけど タイプこそ違えど 愛情伝わるブログを書かれてます。

>預かりさんには保護犬を返す場所がありますが、
保護主には返す場所はないことは理解していただきたい。

うんうん。確かにそうですよね。でも それは覚悟のうえで 自分の意思で保護活動をしています。
もちろん 不安になったり 迷ったりすることも多いけどねv-356
それに 協力いただける預かりさんがいてくれるから 私達の保護活動が成り立ってます。
保護犬のことはもちろん 預かりさんも大切です。
お二人を傷つけるとわかっていたなら・・・私なら他の方法を探します。
レモピさんなりに一生懸命考え 苦しみ このような形をとられたんだと理解しますが それ以上に預かりさんお二人のお気持ちを想像すると 胸がしめつけられます。

私は 保護犬のお見合いには 必ずと言っていいほどの確率で 預かりさんに同行してもらっています。
毎日一緒に暮らす預かりさんのほうが 希望者さんの質問にも的確にお返事いただけるし 預かりさんと私、二人の目で希望者さんとわんこの様子、表情を見れるし 今まで一生懸命世話をして 愛して下さったわんこの新しいお家 ご家族を見届けたいだろうという三つの理由からです。
また 私は 預かりブログには わんこのいいところはもちろん 噛みや吠え、トイレの失敗などマイナスなことでも 日常の様子として 書いていただいてOKです。
ただ 基本的に 誤解のないように ○○みたい、○○のようだ、ではなく まずは ご自分の見たことだけを・・・その後に預かりさんの想像や思い、考えを書く形式をとって下さいとお願いしています。
これから長い年月をともに暮らすのだから 全てを受け入れて迎えていただきたいです。
以前 噛んだことがある・・・抵抗のある方は問い合わせもして来ないだろうし それでいいと思ってます。

お二人とも レモピさんの保護犬に対する姿勢に感銘を受けて 協力いただけた、善き理解者だったと思います。
まだまだ 力不足で問題山積みの私が言える言葉じゃないけど 犬だけでなく 人の心も大切にできる保護活動を目指したいです。
レモピさぁん また 美味しいもん食べに行こうよ~v-376
そんでもって いっぱいお喋りしよ~v-341
2010-07-11 * かあたん。 [ 編集 ]

いつも楽しく拝見しています
今3人さまとも、とても辛い思いされていると思います
私には出来ない素晴らしい活動されて頭が下がります

失敗もあると思います
人間なんだもん

もう十分辛い想いをされた
今はそっとしてさしあげましょうよ

批判や自分の意見は、落ち着いてからでいいんじゃない

元気になられたらまたわんちゃんの為に頑張っていただきたい
私は、同じ人間として3人の皆さまに敬意をはらいます
2010-07-12 * ぴこん [ 編集 ]

全員が同じ意見なわけないよ
預かりを同行させない保護主さんや団体さん、確かにいるよね。

私の初代預かりっ子は、一応、団体と名をあげてる方から預かってたんだけど、
里親さんの情報は一切、教えてくれなかったよ。

その後、今もお手伝いをしている団体さんは、すべてオープン。
ある時は、お見合いやお人柄、飼育環境などの判断も、任せてくれて嬉しかったりする。
そのかわり、責任重大よね。

以前の預かりっ子の時も、レモさんの預かりっ子も、いつも私が気をつけているのは、

私の意見、感想は言う。

これは誰が聞いてもおかしいでしょ、
てな事をもし要望されたら、喧嘩もするかもしれない。

でも基本、瞬間的に腹がたつことはあっても、保護主には逆らわない。

最終的、すべての責任を背負っている保護主と預かりの立場は
果てしなく違うから。。。


1匹の保護犬を巡って目指すゴールは一緒でも、その過程が全て、

保護主さんと預かりさんとの間で、意見が全く同じで進んでいく、なんてこと、あるわけない。


いつの時もスムーズな状態が続くわけがない事を前提にしながら、
協力し合うと助かる命があるなら協力し合えばいいし、したくなければしなければいいだけのこと。

私が今もお手伝いしている団体さん、いろいろ言われてるけど、
私も何度か、意見がぶつかった事もある。

でも、以前のご恩があることや、ネット上だけでは表れてこない優しい人柄やいいところを
リアルで知っているから、私は何を言われようが協力し続けていこうという思いはかわらない。

今、レモさんと預かりさん達がどんな関係になってるかわからないんやけど、
今はこんな状況かもしれないけど、レモさんの人柄を知っている人達だから、

レモさんも、お2方の素敵なお人柄を十分に知ってるはずだから、
互いにまた協力し合って共に、救っていける日が来たらいいなぁ、って思ってる。

あと、動物愛護ブログの中で、こういう事が起こるといつもそうやなぁ、と感じてるんやけど、

何もやらない人に限って、人を責めるような立派な意見を言うのよね。
じゃ、あなたが、レモピ学園と同じだけの子を保護してみてよ、って思うんやわ。

保護主にしかわからない苦労、預かりさんにしかわからない想い、ってあるんやから。

レモさんとこや、預かりさんのところへも、たくさんのメッセージが届いていると思うんやけど、

非難、責めるようなメッセージによって、皆さんの士気が下がる事を私はいつも一番恐れてる。

それによって、本来、助かるはずだった1匹が、助からない場合だってあり得るんやもん・・・

保護活動は、精神的にも強さを保ってないと出来ません。

その気持ちを折れるようなことだけはしないでほしいと、切にお願いします。


静かに見守ってるから、3人で、納得いくまでぶつかってみて。。。
2010-07-12 * パピ [ 編集 ]

ごめんなさい
何もやらないのに非難してごめんなさい。

私は最近犬を飼いはじめたばかりです。里親制度があるなんて知りませんでした。ましてや保健所からレスキューしてる人がいるなんて…

なので保護主さんや預かりさんのブログを読んで犬が愛されて変わっていく姿に感動していました。
でも里親のブログはそんな読者が多いのではないでしょうか?何も知らなかったしまだ何もしてないけどいつかは里親になってみたいとか何かしらお手伝いできたらと考えるようになる、そのために保護主さんや預かりさんはブログにして伝えてくれていると思っていました。
だから悲しかったんです。どんな正当な理由があったにせよ協力関係にある人を何故なざしでブログ上で非難するのか意図がわからなかったからです。
個人間で解決できなかったとしてもブログは公共のそれこそ何もわからない人が多数読んでる場所ですから。

ただこれから里親になってみたいと思っていた立場から言わせてもらえるなら預かりさんの包み隠しのないブログの内容は自分の家にワンちゃんがきた時をイメージしやすいし噛むことも書いてあったほうが良いかなと思いました。
2010-07-12 * サッチー [ 編集 ]

大変なのは預かりさん、保護主さん本人達。
沢山の命を預かって責任を背負ってるんだから、疲れてて当たり前っ

それなのに、何もしてない部外者が、非難したり、意見したり…。必要ないんじゃないかなぁ…。

じゃあ、あなた達には何が出来るの?
そんなに完璧な人間なの?
って聞いてみたい。

何より、今辛い立場にあるワンコやニャンコを救い出す事。←ほんとはこの言葉を使うのも上から目線の様で妥当ではないと思うんですが…。

ワンコやニャンコ達が、安心して普通の幸せを感じられる社会を作って行くようにするのが、私達のする事じゃないの。
だから、レモぴさんも、立ち止まってないんです。

何もしない人間より、よっぽど素敵じゃないですか。もちろん預かりさんだって…。

何故そんな人達に、労ってこそすれ、誹謗中傷出来るのか解らないです。

お三方が、これからも力強い保護活動が出来るよう、応援するのがブログを読んでる人間の出来る事なんじゃないでしょうか…?
2010-07-12 * 見守り隊 [ 編集 ]

・何もやらない人に限って人を責めるような立派なことを言う。

・何もしてない部外者が非難したり意見したり…必要ないんじゃないかなぁ


そんなに目くじらたてるほど非難しているコメントは、殆どないのではないでしょうか。

ブログやHPで不特定多数の人に発信するということは
賛成の意見も反対の意見もくるのは当然のこと。


感情に流された誹謗中傷は良くないと思いますが
ここにコメントされている方は、
ほぼ良識ある表現をされていると思いますよ。

ご自分たちの意見に沿わない意見は、書いてはいけない、と読み取れますが。


何もしない人は、意見も言ってはいけないのでしょうか。
何かしている方は、何をしてもゆるされるのでしょうか。
2010-07-12 * はじめてコメントします [ 編集 ]

私が言いたいのは、目的はワンコやニャンコを救い出す事だって事です。
その為のブログであって、意見をコメントするのは、ある意味不必要な事なんじゃないでしょうか?
ワンコ達の生涯一緒に暮らしてくれる里親さんを探す為の一つの手段だと…。

そして、どなたかが書かれてましたが、私も恐いのが、そのコメントでボランティアの方々のテンションを下げてしまう事…。
その為に助かるかもしれなかったワンコ達が、助からなくなってしまうかもしれない事…。

それだけです…。

もしかしたら、一つのコメントが一つの命を落としてしまうかもしれないのを覚悟の上でコメントされてますでしょうか? オーバーかもしれませんが…。

今回に限らず、どの預かりさんも保護主さんもボランティアなんです。
会社で給料貰ってやってるのなら、意見されても致し方ないかも知れない…。
でも、ボランティアさん達は皆さん、ワンコ達を助けたいだけの一心で活動されてるのですから…。
ですから、軸がズレてませんか?って言いたかったんです。
非難するのはボランティアさんのブログではなく…御上のやり方ではないでしょうか?
って思うんです。

あと、皆さんおっしゃられてますが、言葉とは難しいもので、同じ言葉でもAさんにとっては何でもない言葉でも、Bさんにとってはとてつもなく傷ついてしまう言葉かも知れないですよ。 今回の件でも、読んでる側からしたら大したこと無い文章でも、ご本人様からしたら、活動を止めたくなってしまうかもしれない文章かも知れないって事です…。
他人の心中なんて解らないですよね?
良かれと思ってやっても結果悪く出る事もあります。

ワンコ達の命を大切に、普通の幸せな犬生を送れるように、 願うばかりです…。
2010-07-12 * 見守り隊 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-07-12 * - [ 編集 ]

まさに動物愛誤ですね
2010-07-12 * - [ 編集 ]

保護主さんと預かりさんの考え方が違ったというだけで、幸せな子を増やしたい♪という思いが同じことは伝わってきます。どなたが悪かったとも思いません。
確かに”噛”の文字はありますし、レモピさんの心配する気持ちもわかるような気がします。私は、預かりさんのどちらのブログを見ても噛み犬とは思いませんでしたけれど。起こったことは起こったこと、あまり気にせず、これからどのように保護犬達が変化していくのかを詳しく書かれていかれる方が保護犬にとっては大事だし、後になったら、「こんなことあったけど、変わったよねぇ~♪」って笑える時が来ると思いますし。
私を含めた”何もしない部外者”がコメントしないほうが良いというような意見もあるようですが、それならば、ブログに載せて部外者の目に触れさせるのではなく、部内者の皆さんが内々で処理なさった方が良かったのでは、と思います。
いろいろな方がいらっしゃるので、いや~なコメントが来て、ボランティアさんが嫌な思いをして欲しくはないけれど、逆に、こういうことを見るのは、第三者にとってもあまり気分がいいものではないということもご理解くださいね。
2010-07-12 * Sette [ 編集 ]

こんばんは♪
ひさびさに見に来てビックリしました。

私がファンである ミクボクさんとリンクしてあったから。すごく嬉しいです。
それと バロン君のお話。私は、預かりも保護もしていません。いつか環境が整えばしたいという気持ちを持っています。
そういう意味でもblogを読ませていただいています。
お互いわんこを大切に思っていても 考えが違ったり、誤解などあると思います。難しいと思いますが、そっと応援させてくださいね。

うちの飼い犬も「噛む」子です。今、二歳でだいぶ癖もわかるし危険な時もわかるようになりました。犬目線で考えたりして行動してだいぶ噛まれなくなりました。
正直噛まれると痛いし、情けないし辛いときもありますが、理解していきたいなと思います。

誰かを噛まないように、吠えないように気を使います。「噛む」というのは理解、対処できれば大丈夫だと思います。

ただ、噛むレッテルをはられたら、構えたり嫌がられたり、、。悲しいけどそういう方が多いですよね。

グダクダになってしまいましたが、、。応援しています!バロン君にもきっと明るい未来が待っているということが伝えたいです。
2010-07-15 * レオン [ 編集 ]

超超超偉~い保護主様の意に沿わないことをするとブログで糾弾されてしまうんですね…実際面倒を見ているのは預かりさんなのに、可哀相。なによりあなたに保護されたわんちゃんが可哀相。
そこまで文句言うなら自分で面倒見れば?
あなたのやってる事は愛護じゃなくて愛誤です。
2010-08-05 * - [ 編集 ]