FC2ブログ

笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

 

もう十分です…

 
 
 
Pままさんからホープの写真がたくさん届いています。


4ヵ月半前、Mダックスを保護することが決まった時に
チロルが卒業して空いていたPままさんに預かってもらうことにしていました。



ところが、着いた日に私を噛みました。

ホープをよくよく観察してみて、
預かってもらうのは難しいと判断しました。


それでもPままさんがとにかく一度ホープを見てみたいと言ってくれたので、
試しにホープを連れてPままさん宅を訪れました。


心配は的中!


我が家に着いた日と同じような状況でPままさんを噛みました。



噛まれてもなお、「しばらく様子を見てみるから」とPままさんは言ってくれたけど、
私が置いて行くことが心配で連れ帰りました。


代わりに預かってもらったヴィヴィが先日幸せ探しのゴールを迎えたのは
記憶に新しいところやと思います。




その後、思うように向き合う時間が取れなかったのに、
ホープは確実に私に心を開いてくれました。

いつの頃からか、常に私の姿を目で追うようになりました。



もともと興奮状態ではない時は何をしても問題のない子でした。




保護した当初から、シャンプーしても問題なし。

濡れた体をごしごし拭いても問題なし。

洋服を着せたり脱がせたりするのもなすがままでした。


心配していた動物病院でも問題行動は一切ありませんでした。





ただ一つ、何かがきっかけで興奮状態になると
一瞬にして瞳の色が変わりました。

瞳に怒りの色が灯りました。

「豹変」という言葉がぴったりくるような変わりようでした。



喜怒哀楽の感情をコントロールできない子でした。



怒った時に噛む犬は珍しくないけれど、
ホープは嬉しい時にも本気噛みしました。

それだけ「嬉しいこと」に慣れていないんやと切なくもなりました。



でも、

毎日必ず散歩に連れて行ってもらえる。

毎日必ずご飯を食べられる。

毎日「良い子やね」と撫でてもらえる。

毎日何回も優しく名前を呼んでもらえる。



嬉しいことって特別なことではなく
毎日当たり前にあることとわかってからは
嬉しくて興奮し過ぎることはなくなりました。



興奮し過ぎると噛む可能性がまったくなくなったわけではないと思いますが、
興奮し過ぎること自体がほとんどなくなりました。


そのことが確信できたからこそ、
今度こそ卒業に向けてステップアップするために
Pままさんに預かってもらおうと思ったんです。


その判断は間違いではなかったです。




素晴らしい表情のホープの写真と
Pままさんからのメールを抜粋して紹介します。




6月10日


我が家の次男がダックスを飼ってみたかったもので、ホープのこと気に入っています。

ホープ、かっこいい!って言っていました。

今日送った写真の中でホープの顔を手でつかんで撮っている写真は、
次男が撮ったものです。

トイレのトレーニングは、まだまだこれからですね。

それでも以前のホープからしたら、数段お利口になって、
もう少ししたらほんとに何の心配もいらないワンコになるのでは…と思います。

なにせ、あの豹変する様子が全くありませんもの・・・。



CARMTOSS_convert_20100613195945.jpg

CATDJTWH_convert_20100613200002.jpg

CA4NH4RL_convert_20100613195609.jpg

CA0BBPK1_convert_20100613195538.jpg





6月11日


夕方の庭の水やりのときにホープは自分からホースの先のほうに寄ってきて、
水がかかって喜んでいました。

水遊びがしたいんかなぁって思ってわざとお水をかけたりしましたが、
喜んでいるみたいでした。

びしょびしょになったホープは葉っぱの上でごろごろしたり、
結構楽しそうにしていました。

今日はホープを庭に放して、その間にサークルの中の掃除をして、
庭に出て
「ホープ!ほーちゃん!」って呼ぶとちゃんと私のところまでやって来ました!

今日の嬉しかったことです。





CA6B1WIX_convert_20100613195730.jpg

CAEPOMYW_convert_20100613195833.jpg





6月12日


ホープは、落ち着いてきて、ホントお利口になってきています。

トイレの方も少しずつマシになってきています。

サークルの中で一人でピーピーおもちゃで遊びますし、
庭でボールを追いかけて走ったり、
一人で楽しそうに走り回って草の上でゴロンゴロンしたりして、
ご機嫌な様子で私も嬉しくなります。


CA4TKSD4_convert_20100613195627.jpg

CA3VAUAP_convert_20100613195643.jpg

CAHVR329_convert_20100613195905.jpg

CAL6VXUD_convert_20100613195929.jpg





もう十分です…。


ホープのゴールはまだまだ先かもしれないけれど、
この嬉しそうな顔、穏やかな瞳を見られただけで十分なんです。



これが本来のホープです。


これが噛み犬ホープの真の姿です。


この顔をしっかり見てやってください。




良い子なんです。

甘えたい子なんです。




あとはただ「運命の出会いの日」を待つだけです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ←←← ポチっと押してやってくださいね。

保健所に持ち込まれる犬たち。

「噛むから」「吠えるから」「言うことを聞かないから」

そんな理由での飼育放棄も後を絶ちません。


誰がそうさせたんでしょうか!


ろくなしつけもできず「こんなバカ犬いらん」と捨てる飼い主。

そんな人間でもまたすぐに犬を飼うことができる。

ほんまに日本はおかしな国です。




    Theme : 里親探し * Genre : ペット * Category : 保護犬「ホープ」

    * Comment : (2) * Trackback : (0) *

    生涯ホープの心のリハビリと向き合って下さい。 * by Pまま
    私がワンコの世話をするときに心がけていることは、「私がワンコから好かれる人間になる。」ということです。ですから、今は私は、どうやったらホープに好かれる人間になるか・・・ということを第一に考えて暮らしております。きっとホープは、昔「攻撃は最大の防御」といった感じの暮らしではなかったのかな?と思われます。それでも、本来はダックスらしい、元気で明るい楽しいワンコなのだと思います。私は、保護犬たちの過去のことはどうであれ、今、生きて元気で私の元にきてくれた、ということだけを大切に思っているのですが、今回ホープと暮らし始めて思わず出た言葉があります。ホープがささいな動きをしたときに、思わず「ほーちゃん、今までいっぱい怖い思いをしてきたんだね・・」と言ってしまいました。ホープは本当は、怖がりなんだと思います。周りの状況が怖くて怖くて、我を忘れて攻撃してきたのだと思います。同じ怖がりでもヴィヴィとは全く違います。ヴィヴィは最初の飼い主には、とても可愛がられていたように思います。ヴィヴィは私がヴィヴィのために何か行動を起こすと、とても嬉しそうにしていました。ホープも嬉しいのですが、どう表現したらよいのか、今までに学習していなかったので、わからないようです。ヴィヴィは単純に喜んでいましたが、ホープの嬉しさの表現としては、お腹をみせたり、伏せの状態で手足を上下に広げて本当にぺチャンコになったり、と自分は攻撃性がありませんよ!といった感じでどうやったら私に喜んでもらえるのかとホープなりに一生懸命考えている様子が切なくなるほどです。それでも、ホープは十分に家庭犬として、幸せになれるワンコです。どうか、ホープの心のリハビリを生涯をかけてゆっくりとしていただける里親さまを希望いたします。

    ☆Pままさん * by レモピ
    4か月前はとても安心して預けることはできないと思ったホープを、
    今なら預かってもらえると思ったのも納得してもらえたでしょ(^^)v

    まだまだ社会勉強は必要やけど、確実に良い方向へ進んでいますよね。

    これから大きくジャンプできるよう
    Pままさん家で準備を整えてもらいたいです。

    可愛いホープをよろしくお願いします。

    Comment-close▲

    コメント







    管理者にだけ表示を許可

    生涯ホープの心のリハビリと向き合って下さい。
    私がワンコの世話をするときに心がけていることは、「私がワンコから好かれる人間になる。」ということです。ですから、今は私は、どうやったらホープに好かれる人間になるか・・・ということを第一に考えて暮らしております。きっとホープは、昔「攻撃は最大の防御」といった感じの暮らしではなかったのかな?と思われます。それでも、本来はダックスらしい、元気で明るい楽しいワンコなのだと思います。私は、保護犬たちの過去のことはどうであれ、今、生きて元気で私の元にきてくれた、ということだけを大切に思っているのですが、今回ホープと暮らし始めて思わず出た言葉があります。ホープがささいな動きをしたときに、思わず「ほーちゃん、今までいっぱい怖い思いをしてきたんだね・・」と言ってしまいました。ホープは本当は、怖がりなんだと思います。周りの状況が怖くて怖くて、我を忘れて攻撃してきたのだと思います。同じ怖がりでもヴィヴィとは全く違います。ヴィヴィは最初の飼い主には、とても可愛がられていたように思います。ヴィヴィは私がヴィヴィのために何か行動を起こすと、とても嬉しそうにしていました。ホープも嬉しいのですが、どう表現したらよいのか、今までに学習していなかったので、わからないようです。ヴィヴィは単純に喜んでいましたが、ホープの嬉しさの表現としては、お腹をみせたり、伏せの状態で手足を上下に広げて本当にぺチャンコになったり、と自分は攻撃性がありませんよ!といった感じでどうやったら私に喜んでもらえるのかとホープなりに一生懸命考えている様子が切なくなるほどです。それでも、ホープは十分に家庭犬として、幸せになれるワンコです。どうか、ホープの心のリハビリを生涯をかけてゆっくりとしていただける里親さまを希望いたします。
    2010-06-14 * Pまま [ 編集 ]

    ☆Pままさん
    4か月前はとても安心して預けることはできないと思ったホープを、
    今なら預かってもらえると思ったのも納得してもらえたでしょ(^^)v

    まだまだ社会勉強は必要やけど、確実に良い方向へ進んでいますよね。

    これから大きくジャンプできるよう
    Pままさん家で準備を整えてもらいたいです。

    可愛いホープをよろしくお願いします。
    2010-06-15 * レモピ [ 編集 ]