FC2ブログ

笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

 

仮名決定『ホープ』



予想外に多くの問題を抱えていたMダックスの名無しのゴンベ君。

「ゆう」や「チョロ凛」が次々と可愛い仮名をもらって
幸せ探しのゴールへと順調に歩きだしたのと対照的に
いつまでも仮名もないゴンベ君のまま。


もちろん「噛む犬で憎たらしいから仮名なんて付けたれへーん!」
なんて理由ではありませんでした(^^ゞ


3匹の受け入れを決めた時、
チロル君が卒業して預かり犬がいなかったPままさんに
Mダックスを預かってもらうはずでした。

ところがMダックスが大いに問題ありとわかったため、
予定を大幅に変更する事になったんですが、
「噛む・吠える・マーキング」の問題を抱えていることを知っていながら
Pままさんが「うちで預かってもいいですよ」と言ってくれたんです。


ゴンベ君は興奮すると我を忘れて感情をコントロールできなくなるので
うちの子だけで6匹もいる我が家よりも
もっと落ち着いた環境で過ごすほうが
ゴンベ君にとってもいいのではとずっと考えていたので
このお申し出はほんとうに嬉しかったです。


でも、もしもPままさんまで噛まれてしまうことになったら…


そう思うと心配でなかなか決断することができず、
とりあえず一度連れて行って様子を見てから決めようということになりました。


もしも思いのほかうまく行って預かってもらえることになったら
Pままさんに素敵な仮名を付けてもらおうと思っていたので、
今まで名無しのゴンベ君だったんです。






Pままさんはゴンベ君のために
チロル君の時と同じように広々としたスペースを用意してくれていました。

IMG_6002_convert_20100211132229.jpg


今までとは雲泥の差の広いサークルの中でおやつをもらいご機嫌のゴンベ君。

IMG_6016_convert_20100211132631.jpg
IMG_6025_convert_20100211132818.jpg


思っていたほどの興奮もなく
これなら大丈夫そうかなと明るい気持ちになりました。




預かってもらうことにして
恒例になりつつある預かりっ子とPままさんの記念撮影も済ませました。

興奮していない時はほんまにええ子なんですよ。

IMG_6054_convert_20100211133240.jpg



その後は気分も軽やかに、いつものように豪華なおもてなしに
「やっぱりここはイギリスの貴族の家やわ」なんてことを言いながら
手作りのサンドイッチやら具だくさんの野菜スープを美味しくいただきました。

IMG_6048_convert_20100211132926.jpg
IMG_6052_convert_20100211133035.jpg



ゴンベ君も落ち着いているしそろそろお暇しようかなと思った頃、
サークルの中だけでは可哀そうと思ったPままさんがサークルのドアを開けました。

「アッ!」と思った時にはすでにゴンベ君はサークルの外へ飛び出て、
室内にいた先住犬ラブのパールちゃんに興奮して
部屋のあちこちにマーキングを始めました。

慌ててサークルに戻そうとPままさんが抱き上げようとした瞬間、
Pままさんの右手に噛みつきました。



落ち着いている時のゴンベ君を見たら、誰だって「ぜんぜん問題なし」と思うので
Pままさんがもうサークルから出しても大丈夫と思ったのも当然のことです。

ゴンベ君と2週間過ごして興奮した時の豹変ぶりを知っている私やったら
絶対にあの状態でサークルを開けることはなかったんです。

Pままさんは噛まれた後もなお「うちでしばらく様子を見るから」と言ってくれたけど、
ゴンベ君の行動パターンを読めるようになるまでにまた噛まれるかもしれない。


その可能性を考えたらやっぱり預けるわけにはいきませんでした。



実はそんなことになるかもしれないことも想定して
ヴィヴィも一緒に連れて行っていました。


ゴンベ君を連れて帰った後、できるだけ落ち着いた環境で暮らせるよう
代わりにヴィヴィを預かってもらうことにしました。


気を取り直してPままさんとヴィヴィの2ショット。

IMG_6062_convert_20100211133710.jpg
緊張でいっぱいいっぱいのヴィヴィちゃん。


すっかりストーカーと化していて
この日も片時も私の膝の上から離れようとしなかったヴィヴィ。


ビビりで警戒心の強いヴィヴィ。


帰る時の、
しっぽをこれ以上できないっていうくらいお尻に巻き込んで、
不安いっぱいの瞳ですがるように私を見ていた顔が今も浮かんできます。


がんばれヴィヴィ!
幸せ探しのゴールへ向かって次のステップへ進む時が来たんやで。









家へ帰って、今までルルとヴィヴィが過ごしていたケージを
ゴンベ君用にしようと敷いてあった毛布をどけたとき、
小さなウンチの塊がコロンと落ちました。

「あぁ!ルルかヴィヴィのんや」と思ったらふいに泣けてきた。



あかんなぁ!

これを書いている今も涙が…



保護犬たちは過酷な運命に翻弄されながらもみんな健気にがんばっているんです。


母さん絶対にルルにもヴィヴィにも最高の幸せを見つけるから
それまで新天地でしっかりゴールを目指すんやで!







マーキング対策を終えたゴンベ君用のケージ。

IMG_6064_convert_20100211141204[1]


今までより格段に広くなった仮宿で
ゴンベ君はさらに落ち着いて過ごせるようになっています。

ずいぶん懐いてもきたしね♪

マーキング対策用のシートはベリベリやけど(ーー;)

IMG_6087_convert_20100211134323.jpg



仮名は希望を捨てずに幸せ探しのゴールへ進めるよう『ホープ』にしました。



ホープ!

ゆっくりでもいい!

どれだけ遠回りしてもいい!

母さんはホープが幸せ探しのゴールテープを切るまでずっと一緒に歩き続けるから

希望の光に向かってともに進もう!





にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

なんのしつけもせずに「こんなアホ犬いらん」と保健所へ持ち込む飼い主。

アホはあんたや!

しつけもされず問題を抱えた犬が生きて保健所から出られる確率はほんのわずか。

ホープはそのわずかなチャンスを掴みました。

ホープの幸せ探しにぜひご協力ください。

毎日ポチっと押してもらうことで幸せ探しのゴールへより近づきます。



Theme : 里親探し * Genre : ペット * Category : 保護犬「ホープ」

* Comment : (6) * Trackback : (0) *

応援してるよ(^^)v * by まぶしーはは
がんばれ、ホープ君!
がんばれ、レモピさん!

エールしか送れないけど、いつも応援してますv-220

* by チャンポンズ
ホープ君、想像できないようなつらく悲しい出来事が過去にあったから
今のホープ君があるのかと思うと、どうしてあげればいいのかわからなくなります・・・我が家にもガウガウ噛みつき犬の保護犬がいます。全身全霊で受け止めてひたすら愛するこれのみやと思います。レモピさんファイト~!!

「ホープ君」 ぴったりのお名前ですね! * by Pまま
いいお名前をつけてもらって、良かったね!最初にブログで見たときとは、大違いのキラキラしたお目目のホープ君!好奇心旺盛で元気いっぱいで甘えん坊で幼さの残るホープ君! オス犬特有の本能さえコントロールできれば、幸せに楽しい生活が送れる、との希望を感じました!
どうか、レモピさん家で楽しい毎日を過ごしてね!

そして、レモピさんが後ろ髪を引かれる思いで、我が家に預けたヴィヴィちゃん!「蚤の心臓」のヴィヴィちゃんですが、レモピさんの心配をよそに、夜もおとなしく寝て、食事も完食して、排泄も大丈夫でした。やはり、生命力の強さを持ったワンコですね~。まるで「お泊り保育」に初めて挑戦するかのように、心配していたレモピ母さん。意外とヴィヴィちゃん、順応性があるようですよ!ヴィヴィちゃんの花嫁修業は、心配いりませんので、どうか、ホープ君のお世話と、ヴィヴィちゃんのお嫁入り先に力を注いで下さい。
どうか、ご自身のお体には十分大切になさって下さい。

☆まぶしーははさん * by レモピ
いつも応援ありがとう♪

mixiのトピでもいつも応援あげしてもらってるので
ほんとうに助かってます。

一人でも多くの人の目に触れることが
里親さんと出会う一番の近道ですからね。

☆チャンポンズさん * by レモピ
ホープは噛み犬ではあるけど、
噛むまでの行動パターンを把握してこちらが対応してやれば
ほとんど問題のない良い子なんですよねぇ。

その証拠に私は初日に噛まれて以降3週間一度も噛まれていません。

飼い主さんの努力は必要ですが、
今にきっとチャンポンズさんのように全てを理解し受け入れてくれる
里親さんが現れると信じて待ちたいと思います。

☆Pままさん * by レモピ
ホープに噛まれた手はもう大丈夫ですか?
ほんとうに申し訳ありませんでした。
噛む可能性があるとわかっていながら連れていくべきではありませんでした。

ホープは我が家へ戻って以降はずいぶん落ち着いていて
マーキングの回数もぐっと減りました。
もっとも新しい環境になればまた興奮して一からになるでしょうけど…。

ヴィヴィのことは心配していません。
今ごろはべたべたの甘えっ子になっていると思います♪

Comment-close▲

コメント







管理者にだけ表示を許可

応援してるよ(^^)v
がんばれ、ホープ君!
がんばれ、レモピさん!

エールしか送れないけど、いつも応援してますv-220
2010-02-11 * まぶしーはは [ 編集 ]

ホープ君、想像できないようなつらく悲しい出来事が過去にあったから
今のホープ君があるのかと思うと、どうしてあげればいいのかわからなくなります・・・我が家にもガウガウ噛みつき犬の保護犬がいます。全身全霊で受け止めてひたすら愛するこれのみやと思います。レモピさんファイト~!!
2010-02-11 * チャンポンズ [ 編集 ]

「ホープ君」 ぴったりのお名前ですね!
いいお名前をつけてもらって、良かったね!最初にブログで見たときとは、大違いのキラキラしたお目目のホープ君!好奇心旺盛で元気いっぱいで甘えん坊で幼さの残るホープ君! オス犬特有の本能さえコントロールできれば、幸せに楽しい生活が送れる、との希望を感じました!
どうか、レモピさん家で楽しい毎日を過ごしてね!

そして、レモピさんが後ろ髪を引かれる思いで、我が家に預けたヴィヴィちゃん!「蚤の心臓」のヴィヴィちゃんですが、レモピさんの心配をよそに、夜もおとなしく寝て、食事も完食して、排泄も大丈夫でした。やはり、生命力の強さを持ったワンコですね~。まるで「お泊り保育」に初めて挑戦するかのように、心配していたレモピ母さん。意外とヴィヴィちゃん、順応性があるようですよ!ヴィヴィちゃんの花嫁修業は、心配いりませんので、どうか、ホープ君のお世話と、ヴィヴィちゃんのお嫁入り先に力を注いで下さい。
どうか、ご自身のお体には十分大切になさって下さい。
2010-02-12 * Pまま [ 編集 ]

☆まぶしーははさん
いつも応援ありがとう♪

mixiのトピでもいつも応援あげしてもらってるので
ほんとうに助かってます。

一人でも多くの人の目に触れることが
里親さんと出会う一番の近道ですからね。
2010-02-15 * レモピ [ 編集 ]

☆チャンポンズさん
ホープは噛み犬ではあるけど、
噛むまでの行動パターンを把握してこちらが対応してやれば
ほとんど問題のない良い子なんですよねぇ。

その証拠に私は初日に噛まれて以降3週間一度も噛まれていません。

飼い主さんの努力は必要ですが、
今にきっとチャンポンズさんのように全てを理解し受け入れてくれる
里親さんが現れると信じて待ちたいと思います。
2010-02-15 * レモピ [ 編集 ]

☆Pままさん
ホープに噛まれた手はもう大丈夫ですか?
ほんとうに申し訳ありませんでした。
噛む可能性があるとわかっていながら連れていくべきではありませんでした。

ホープは我が家へ戻って以降はずいぶん落ち着いていて
マーキングの回数もぐっと減りました。
もっとも新しい環境になればまた興奮して一からになるでしょうけど…。

ヴィヴィのことは心配していません。
今ごろはべたべたの甘えっ子になっていると思います♪
2010-02-15 * レモピ [ 編集 ]