FC2ブログ

笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

 

いろいろなご意見ありがとうございました。

いろいろなご意見ありがとうございました。

   今回の一件でいろいろなご意見をいただきありがとうございました。この件について語るのはこれで最後にさせていただきます。私は最初から自分のしたことが正しいとは思ってはいません。大切な人たちを傷つけるとわかっていて書きました。非難されて当然のことと思っています。原因はいつのまにか保護主が3人になっていたこと。私は自分が預かりをしていた時に預かりっ子が卒業した後のことがいつまでも気になっていました。...

... 続きを読む

Theme : 里親探し * Genre : ペット * Category : 動物愛護問題

Comment-open▼ * Comment : (26) * Trackback : (0) *

* by サッチー
保護主さんは独自の思想を持って動物愛護を行っていて、預かり主はそれに服従すべき義務がある。

いわば独裁者の立場ですね。

自分の思い通りに動かなくなった場合公の場にて叱責されることもありうる。

動物愛護の世界も恐いんですね。

犬が噛むことより人間の思い込みの恐さを今回の件で感じました。

いつか自分も預かりさんに参加したいと思っていましたが諦めました。

がんばれ~ * by kana
わたしは独裁者とは思いません。
こちらを訪れていて、おそらくレモピさんと預かりさんの間でなんどか意思疎通のやりとりがあったことも記事をよめばわかります。
その上で、結果としてこうなってしまったということではないでしょうか。

ボランティアというのは気持ちがあって行うものですから、その方の考えが優先されるべきだと思います。
お金をいただいてやっていることとは違いますから。

保護主さんというのは、いろんな意味で一番きをつかい
リスクも、労力もおっていると思います。
ちなみにその保護主さんの気持ちとや預かりさんの気持ちどちらが正しい・悪いということとは違います。
自分の責任において保護している方が保護主となるのです。

そういう意味で当然、預かりさんにご自分の意思を伝えてお願いするのは当たり前だと思いますし、預かりさんも保護主さんから犬を預かる立場ならば、保護主さんの気持ちに沿う形であるのが当たり前だと思います。

保護される方の考えは様々だと
動物愛護の方のブログを読んでいても思います。
ですから預かりをされる方はご自分に近い考えの保護主さんのもとで預かりをされるか
さもなくば、ご自分が保護主になればよいのではないでしょうか。

少なくとも、保護主さんのもとで預かりをするということは
その方の気持ちに賛同するからこそ・・ですよね

動物を保護する人、団体はたくさんあります。
預かりをするかた、支援をするかたは選択することができるのです

管理人のみ閲覧できます * by -

思うようにされて良いと思います * by さとも
こんにちは。

数日の経緯を拝見していて、部外者ですが、心が痛みます。
皆さん、良い方なのは各々のブログを拝見していても伝わります。
そんな中でレモピさんが苦言を呈されたのは苦しい選択だっただろうなと思います。

でも、すべてにおいて最終責任を取るレモピさんがこうしようと思われたのですから、回りの第三者はそれに納得するしかないと思います。
それは独裁者とは思いません。
レモピさんが保護犬すべての責任を負う立場だから、当然だと思っています。

我が家の老犬が落ち着いたら、私もいずれお役に立ちたいなと思っています。
今の時期は人間も、ワンズも体調を崩しやすい時期です。
ご自愛なさって、頑張ってくださいね。


預かりをしています(両親が) * by dinoちゃん
実家の両親がレモピさんの保護犬の預かりをしています

今回のことで改めて気を引き締めないとと思いました

レモピさんが保護する対象の子に目を留めレスキューされて、ケアされてからの状態で預かりをしている訳です
状況が良くなってからのルルちゃんしか私達は知りません

いくらレスキュー直後の写真がブログにアップされていてもそこには悪臭や手触りは想像は出来ても体験はしていません

キレイになったルルちゃんしか知りませんでした
改めてそこまでの状態にケアされてる保護主さんの事を考え
幸せになってもらえるお手伝いを出来ればと思います

両親宅に笑顔をもたらしてくれている存在に感謝しています

いろいろあったんんですね * by mie
こんにちは。
本当にいろんなことがあったんですね・・・。
やっぱりレモピさんは大人なんだと思います。
お考えがとても深い。そして、この問題は難しいです。
でも、レモピさんがいつもおっしゃっているように、
立ち止まっている暇はないんですよね、犬のために。
私も私ができることを目指してがんばります。
一緒に(というと生意気ですが)苦しむペットがいなくなるようにやっていきましょうね!!

敬意があれば・・・ * by キットソン
こんにちは。

私も、独裁者とは思いません!

今回のことで、たとえ自分のブログであっても、里親さんを探すことがゴールなのですから、ブログ内でも預かりさんは、ワンちゃんにたいしてもっと敬意を払うべきだと思いました。

おもしろいと思って書いているのかもしれませんが、(自分の飼い犬なら「おもしろい」で済みますけど)、預かりをしているワンちゃんをからかっているような、けなすような内容の表現があるなぁといつも気になっていました。

本当に里親さんを必要としているワンちゃんにたいしての、敬意が感じられませんでした。

レモピさんは、何も間違っていないと思います。

レモピさんのお願いを無視したブログによって、幸せのゴールから遠のいてしまっている状況は、とても残念だと思います。

レモピさんのことこれからもずっと応援しています。



* by ふーこ
今回の件でレモピさんがした事は正しいとは言えないかもしれません。
でも、保護犬達の立場になって考えてみると、きっと保護主さんであるレモピさんがした事の答えが出てくると思います。

保護犬達は「話せません」。

ましてや、捨てられたり、飼い主自身に保健所へ連れて来られたりした悲しい思い出を持っている子達です。
飼い主さんから愛されずに育った子もいるでしょうし、虐待などされていた子もいるでしょう。
恐怖や怒り、悲しみに任せて威嚇する事もあるかもしれません。
それが「自分の身を守るため」だから。

その恐怖や怒り、悲しみをを取り払って、その子が楽しく安心して生活出来る場所を探してあげるのが保護主さんで、そのお手伝いをするのが預かりさんだと思っています。

今回の件で預かりさんのお二方も、レモピさんも、双方悲しい、辛い思いをされたと思います。
しかし、そこはよく話し合いをすれば自然にわだかまりが解けると思います。保護犬を救いたいという気持ちは一緒だと思いますので・・・。

ただ、今第一に考えるべきなのは、保護犬達がいかにして幸せを掴むかだという事を忘れないであげてください。
レモピさんはその気持ちが有るからこそ、ブログに書かれたのだと思います。

大した事もしてないのにえらそうな事を書いて気分を害された方がいらっしゃいましたら申し訳ないです。

追伸:桜はとても元気です。

軌道修正頑張ってください! * by ラム
>預かりさんには保護犬を返す場所がありますが、
保護主には返す場所はないことは理解していただきたいと思います。

その通りですね。
たぶん、「そうしたのは貴女です」とむちゃを書いてくる方もいるかもしれませんが、そのくらい保護犬への『責任』と『命を守る覚悟』の重さ(意識)が違うのですよね。


私の友人も個人で保健所から子犬6匹引き出しの保護をしました。 当初ギリ数の3匹引き出すつもりでいましたが、賛同した協力者が現れ、自分が抱えれる頭数の倍になりました。
しかし、友人が不信感を持つ出来事が起こり、1ヶ月もしない内に3匹が返って来て(返してもらった)6匹の世話や里親探しをすることに。
3ヶ月の子犬が6匹。皮膚の状態が酷くそれはもう毎日が大変でした。

それがなに?になってしまいますが、友人の一件を思い出したので書いてみたくなりました。^^;

私は預かりさんのブログを今回の一件で初めて拝見しました。
余計な心配が尽きないレモピさんのお気持ちを考えると頭が下がります。血圧上がりますから蔑む記事、事後に拝見してよかったです。(苦笑)


迷子探しに協力できないか・・とネット中に、レモピさんのブログに辿り着き、以来、時々お邪魔をしていました。権現堂の権ちゃん保護の時です。
遠方なためレモピさんの活動に協力できないのがとても残念ですが、できることがあれば(転載など)バンバンします!!~o(*^◇^*)o~  微力ですが陰ながら応援しています。



* by よんママ
今回の件、残念でなりません。
レモピさんのお考えは、良く分かり賛同もできます。

でも、やっぱり、別の方法があったのでは?と言う思いが拭えない私です。
鍵コメでも書きましたが、預かりさん達との問題をクリアーにしてからブログにアップでも良かったのでは。。。

ブログで、個人を特定できる事を書く時(特にいいことではない時)は、もっと配慮が必要だと思います。

フリマでお会いした預かりさんのステキな笑顔を知ってるだけに残念です。

Comment-close▲