FC2ブログ

笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

 

もう十分です…

もう十分です…

   Pままさんからホープの写真がたくさん届いています。4ヵ月半前、Mダックスを保護することが決まった時にチロルが卒業して空いていたPままさんに預かってもらうことにしていました。ところが、着いた日に私を噛みました。ホープをよくよく観察してみて、預かってもらうのは難しいと判断しました。それでもPままさんがとにかく一度ホープを見てみたいと言ってくれたので、試しにホープを連れてPままさん宅を訪れました。...

... 続きを読む

Theme : 里親探し * Genre : ペット * Category : 保護犬「ホープ」

Comment-open▼ * Comment : (2) * Trackback : (0) *

生涯ホープの心のリハビリと向き合って下さい。 * by Pまま
私がワンコの世話をするときに心がけていることは、「私がワンコから好かれる人間になる。」ということです。ですから、今は私は、どうやったらホープに好かれる人間になるか・・・ということを第一に考えて暮らしております。きっとホープは、昔「攻撃は最大の防御」といった感じの暮らしではなかったのかな?と思われます。それでも、本来はダックスらしい、元気で明るい楽しいワンコなのだと思います。私は、保護犬たちの過去のことはどうであれ、今、生きて元気で私の元にきてくれた、ということだけを大切に思っているのですが、今回ホープと暮らし始めて思わず出た言葉があります。ホープがささいな動きをしたときに、思わず「ほーちゃん、今までいっぱい怖い思いをしてきたんだね・・」と言ってしまいました。ホープは本当は、怖がりなんだと思います。周りの状況が怖くて怖くて、我を忘れて攻撃してきたのだと思います。同じ怖がりでもヴィヴィとは全く違います。ヴィヴィは最初の飼い主には、とても可愛がられていたように思います。ヴィヴィは私がヴィヴィのために何か行動を起こすと、とても嬉しそうにしていました。ホープも嬉しいのですが、どう表現したらよいのか、今までに学習していなかったので、わからないようです。ヴィヴィは単純に喜んでいましたが、ホープの嬉しさの表現としては、お腹をみせたり、伏せの状態で手足を上下に広げて本当にぺチャンコになったり、と自分は攻撃性がありませんよ!といった感じでどうやったら私に喜んでもらえるのかとホープなりに一生懸命考えている様子が切なくなるほどです。それでも、ホープは十分に家庭犬として、幸せになれるワンコです。どうか、ホープの心のリハビリを生涯をかけてゆっくりとしていただける里親さまを希望いたします。

☆Pままさん * by レモピ
4か月前はとても安心して預けることはできないと思ったホープを、
今なら預かってもらえると思ったのも納得してもらえたでしょ(^^)v

まだまだ社会勉強は必要やけど、確実に良い方向へ進んでいますよね。

これから大きくジャンプできるよう
Pままさん家で準備を整えてもらいたいです。

可愛いホープをよろしくお願いします。

Comment-close▲

けつかっちん

けつかっちん

   タイトルの「けつかっちん」「次の予定が入っていて遅れられない」っていう意味であってるっけ?放送業界用語になるのかな!?最近はあまりに忙し過ぎて、できるかぎりまとめられる用事は一日でこなしたいと思っているので、やたらめったらスケジュールを詰め込んでいます。こないだ神戸のPままさん家にホープを送っていった時も帰りに正式譲渡になったリンちゃん(報告もしてなかったかも(;^_^A)を避妊手術のために里親さ...

... 続きを読む

Theme : 里親探し * Genre : ペット * Category : 保護犬「春ちゃん」

Comment-open▼ * Comment : (2) * Trackback : (0) *

ありがとうございました!! * by ミルハルママ
昨日はお疲れ様でした!

またまたレモピ号災難でしたね!
いつもうちがらみで、申し訳ないわぁ~~~

ハル レモピさんに会ったら大喜びでしたね!!
レモピさんが助けに行って下さらなかったら消えていた命!!
ハルもわかってるんでしょうね~~

沢山の方達のお陰でハルの小さな命は繋がりました。
皆様の暖かいお気持ちがいっぱいつまった命です!!
大切にします!!

これからもレモピ学園の卒園生として、応援しています!!!

お体おいとい下さいね~~~
河内の肝っ玉母さんも不死身じゃないんですから~

昨日はほんとうに有難うございました!!

☆ミルハルママさん * by レモピ
今回は長居しませんのでと断言しておきながら、
やっぱりずるずる居座ってしまって申し訳ありませんでした。

お見合いでハルちゃんを連れて行った日と昨日では
「家族の一体感」が違っていたように思います。

家族全員が肩の力を抜いてリラックスしているのが見てとれて、
間違いなく一つの家族やと思いました。

サヨリンさんからのメールで急ぎ某警察に駆けつけて
聞いた通りのボサ子ちゃんを見た日が懐かしいです。
飼い主返還にならなくて本当に良かったです。

ハルちゃんのこれからの10数年を共に歩んでやってください。

Comment-close▲